スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植草一秀講演会 2011.1.24 一ツ橋・日本教育会館

植草一秀講演会 2011.1.24 一ツ橋・日本教育会館
聞き書き 敬称など略 それぞれの発言をもとに構成・注釈など加えた。 秋元順一


日本の独立という本は、これまでに発本されていない。
1951年、日本は、サンフランシスコ講和条約で再び独立を果たした。

ルネサンス ~ すべてに疑いを持ち、新しいものの見方をする。自分自身の目で見て考える。

8 つのテーマについて、5 分強ずつ話しを進めていく。
① 消費税 
② 菅の本性 
③ 小沢一郎民主党元代表「政治とカネ」の検証 
④ 警察・検察・裁判所 
⑤ マスゴミ問題、NHK 問題 
⑥ 官僚・官による日本支配(これを終わらせる秘策を開陳) 
⑦ 米国支配による日本 
⑧ 戦争と平和悪徳8人衆 -- 財務省にとりこまれた吸血鬼たち。


① 2011年までに増税したいと言っていた麻生内閣下の与謝野。
菅は近頃増税を決めた。
1985年、植草は、大蔵省にいた。2~3年、ここで仕事をしていた。
TPR(TAX・KBK(課税ベースの広い間接税論議)をたちあげる。
大蔵省 → 経済企画庁を支配し、増税のため国民を騙す。メディアの幹部を呼び、情報操作をさせる。
1997年度、橋本総理が増税を行なう。
1997年6月15日、閣議決定されている。
1996年10月8日、新進党は、増税反対で選挙に出たが敗北。

橋本の政治で、
三洋証券、山一證券、長期信用銀行、北海道拓殖銀行など潰れる。
株価も22000 円から12000 円へと下落した。
1998年、植草は、自分の足の太ももを掻いていただけで警察に捕まる。
2009年6月11日、菅は、2012 年に消費税をあげることを約束してしまう。
そして、参議院議員選挙に大敗。
枝野は、国民の審判を仰ぐと強弁。(2010.7.17)
なんら責任をとらず、菅は、居座る。
2009年8月、政権交代、無血の「平成維新」なる。
西郷隆盛の江戸城無血開城以来の快挙である。
ところが、米国は黙っていられなくなった。
日本の基本構造を壊しかねないことに危惧を抱いたのだ。徹底的に潰しにかかった。
普天間問題で足元をすくわれ、あえなく鳩山は米国の餌食となる。
キャンベル米国国務次官補は、韓国のキム・ソンファンとの会談で、小沢・鳩山では、話しを聞か
ないと打ち明ける。(ウィキリークスで暴露されている。)
こうして、菅・岡田路線に切り替えたのだ。


② 菅政権の実態
 
米国・官僚・大資本
2010年8月25日、普天間問題、日米合意を守ることを約束させられている。
官僚・天下り禁止が完全に消える。役人・企業なんでもありになった。
企業献金は、岡田が復活させた。
選挙大敗で国民からレッドカードを突きつけられたが、菅は馬耳東風を装う。
その後、代表選。
小沢圧倒的優位であったが、工作で菅206 小沢200と大どんでん返しになる。
本来、小沢260程度の獲得であった。

筑波学園郵便局留め → 民間業者が、300選挙区に仕分け。
(目隠しシールが、貼ってないので小沢票は、意図的に引き抜かれる)
そして、菅が勝ってしまうことを事前に漏らした売国奴によって、60人程度が、無分別に寝返ってしまった。
さらに、幽霊検察審査会によって、万が一勝った場合でも自爆装置を仕掛ける。
なんと、代表選の9月14日に起訴へ向けた決定を出してしまう。


③ 政治とカネ

2009年3月3日、大久保秘書逮捕 西松建設を捜査 -- 植草は、この時、キナ臭いことを察知する。
未来産業研究会、新政治研究会 → 陸山会に献金を大久保が記載した。
検察は”西松建設”との記載がないので、虚偽記載であるとの言いがかりをつけた。
このとき、官邸に潜伏するスパイ、ウルマイワオは、小沢だけの逮捕で、元来多数いる自民党には、
捜査は及ばないことを言明した。

小沢、5月11日に代表をやめる。

これは、単に選挙に影響がでることを慮(おもんばか)って、鳩山総理で乗り切ろうとした。
オカザキアキフミ西松建設総務部長は、両研究会は、実態のある団体であることを裁判で証言し、
検察の鼻を明かした。
検察のデッチ上げが見事にばれる。
大久保の事後処理は、合法となった。
検察大敗北。(捜査にすべからく30億円もの巨費を投ずる国策捜査である。)
小沢総理を非合法活動で潰した。
そして、2010年1月15日、懲りもせず、石川、池田、大久保三人は逮捕される。
しかも、石川は、現職の国民の弁士たる代議士である。
2004 年、世田谷の農地を10月に購入契約。
暮れの12月29日、農地法により、移転登記できず、翌年の1月7日に手続き。
これを虚偽記載といいがかりをつけた。
銀行融資一時立替を小沢個人が行なうも、この4億円を水谷建設と結びつけて、犯罪者にした
てあげるストーリーで進んだ。
これも、見事失敗。引くに引けない検察ゴロ。白も黒と強弁。権威・権力を誇示する。
9月8日、御用弁護士「吉田繁実」は、検察審査会の八百長に与する。

平均年齢34.27 歳×11 人=377 三人分を一歳繰り上げて・・・380
380÷11 人=34.55 歳
三回の訂正を行なう。


④ 警察・検察・裁判所

高輪警察は、品川事件で植草をひっぱる。
エスカレーターでの痴漢行為をでっちあげる。

4ヶ所の防犯カメラは、見ていた。しかし、警察は、まずいと思い、証拠を隠滅。
しかも、一ヶ月の間、植草は、それを指摘していたにもかかわらず、だ。

2006年9月13日 蒲田警察副所長が証人を連れてきた。
犯人女性の右後ろに立っていたものを、犯人の真後ろに立っていたと証言。
公安側のしたてた”目撃者”が現れるが、証言がぶれる。

全面可視化が実施されていたなら、調書の書き換えも、暴力も恫喝もすべて明らかとなる。
密室に閉じ込めた”推定無罪”の容疑者を人間扱いしないのは、問題である。

シンドウメイキ司法官僚
日本国憲法76条の3に・・
すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。


⑤ マスゴミの現実

TV がひどい。
・三宅久之、田崎悦郎、田原総一郎
・太田光、たけし、テリー伊藤
・みのもんた、ふるたち・・・


⑥ 官の支配

日本の歴史上、明治6年の政変あり。
朝鮮に開国を迫る。
征韓論 反対派が西南戦争を行なう。

江戸無血開城の大功労者西郷隆盛は、大久保利通らに、韓国行きを壊される。
悪徳長州の政治とカネ。

エトウシンペイは、この時、歴史を変えられた唯一の人物。
官の力が、微動だにしなくなった遠因がここにある。

無慙にもエトウシンペイは、江戸刑法によって、磔獄門となってしまう。

○民衆を抑制する権力 大久保利通
○基本的人権のため、国権を抑制するエトウシンペイの戦いであった。

今で言う、菅VS 小沢も近似している。
官僚独裁は、かくも慇懃に蝕まれ続けてきた。
西南戦争は、汚職まみれの官を抑制する戦いであった。
主権者国民の手に政治を取り戻すこと -- 歴史に学ぶ。

小沢を必要とする理由。
アメリカ支配を抑制すること。
GHQ に統治された。
理想に燃えていたマッカーサー。白地のキャンパスを荘厳するはずであった。
しかし、1947年、大転換を余儀なくされる。
共産主義の防波堤にされた。

狂気の事件は続発していた。
下山事件・・松川事件・・帝銀事件・・松本清張の黒い霧(文春文庫参照)
戦後、鳩山一郎、石橋湛山、田中角栄が、日本の国士として奮闘した。
しかし、いずれもアメリカの犠牲となる。
アメリカ三軍複合体(軍隊・軍需・金融)
巨大な圧力である。
そのため対立構図を演出、東と西、南と北、テロとの闘い。

日本にルネサンスを!
自分の頭で考え、行動する。
常に真実を追究する。
新しい思考。

西郷の遺訓;
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は始末に困るものだが、この始末に
困る人でなくては、艱難をともにして国家の大業を成し得るものではない。」


植草
2004、2006年事件 痴漢冤罪を小泉政権下にデッチあげられる。

副島談
国民運動、おかしな人間たちに指導させないこと。


竹原前阿久根市長
政治活動のきっかけは、絶望感からくる。
12000枚のチラシを阿久根市内に配った。

会社会長のオヤジには、会社をクビになった。
議員になれと強く勧められ、市長にもなる。
市議を5人送り出す。

職員の抵抗は、肌、表情、目つき、ありとあらゆる抵抗を受けた。
死を覚悟しての闘いでもあった。
命をかけて、職員の給料表を公開。
その高さに唖然としたものだ。

庶民平均200万円。
役人平均700万円
????

この国は、身分制度が明らかである。
公僕公務員は、常に市民の上にある。

退職金、年金、権力
役人は、上から下まで身分は、市民より上である。
政治家は、それらの大蛇の「うろこ」にすぎない。
政治家は、立派な、その「うろこ」になる。

この国の正体。
どうしたらかえられるか?
本体に誰が入っても同じ。
国民を食い物にする。それは、即、出世を意味する。
誰が入っても皆、垢に染まる。誰もがやる。
人間の業(カルマ)の深さに視点を置かないといけない。
悪のスイッチが点灯する。
市民をみくだし始める。
敵は、自分自身である。
その制度をあらためる”国民運動”は大切である。
天下り根絶。
民間への滑り込み
警察からの天下り。数知れず。


植草弁
徹底事項
・公務員を定年まで働かせる法律を作る。
・退職前の10年と退職後の10年は、それらにかかわった仕事につかせない制限を法律する。
民間に例がない、科挙制度・・第一種、第二種の特権階級を作る公務員試験。
ここに最大の差別がある。
偏差値が高くなくてもいい。決められたことをしっかりこなせばいい。

字は、体を成す。
「官」という呼び名がよくない。
事務官を事務員
大臣官房を総務部人事課など
裁判には、民間を「裁判員」と差別し、みずからは、裁判官といかにも・・・。
警察官も警察員。
差別の仕組みがここにもある。

最後に・・・
日本の敗戦までに、400万人もの大切な国民を犠牲にしたにもかかわらず、
未だ、アメリカの脅威におびえて暮らす。
この意味からも、「日本の独立」は、すなわち民衆の自覚、自立にかかっている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。