スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「浜岡原発すぐ止めて! 4・10東京―市民集会&デモ」拡販

私たちは、下記の事に賛同し協力を致します。皆様も、どんどん拡散して下さい。

〈ここから〉

浜岡原発すぐ止めて! 4・10東京―市民集会&デモ
~切迫する東海地震・放射能は首都圏直撃・止めても大余裕の中部電力~

2011年4月10日(日)
場所: 芝公園 23号地
   (都営地下鉄三田線 御成門駅下車 徒歩5分)
集合: 12時45分
集会開始: 午後1時
デモ出発: 午後2時
デモコース:経済産業省別館前・中部電力東京支社前・東電本社前・銀座数寄屋橋交差点(ソニービル前)を通り、常磐橋公園で流れ解散(東京駅の先)

雨天決行 参加費無料 

 3月11日、マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震が発生しました。そして小さな揺れと津波対策の欠陥により福島第一原発が原発震災を起し、危機的状態は消えず、現在も放射能を空と海へ出し続けています。

 静岡県御前崎市に中部電力の浜岡原発があり、現在も4号・5号機が運転中で3号機が定期検査で停止中です(1・2号機は廃炉を決定)。この浜岡原発は東北地方太平洋沖地震の影響でさらに切迫したと考えられる、巨大な想定東海地震の震源域の真上に建っているため(震源域は静岡県の陸域にまで広がっている)、福島原発よりはるかに大きな揺れに襲われます。堤防は砂丘!で、中電は数年後に防波壁を建設と発表しましたが、耐えられない事を認めたのと同然です。


 東海地震・東南海地震・南海地震の三連動型の可能性も十分あります。東海地方の風向は年間の7~8割が東向きですから、放射能は首都圏を半日で直撃することになります。
 浜岡原発を止めて、東日本への電力融通の限界である100万kwを差し引いても、中部電力は真夏でも約400万kwの設備余裕があります。地震は止められないけれど、原発は止められます。
 今こそ、浜岡原発すぐ止めて!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 集会 〈発言〉 
・塚本 千代子 (浜岡原発を考える静岡ネットワーク)
・向井 雪子 (チェルノブイリ子ども基金)
・阪上 武 (浜岡原発差止裁判原告/福島老朽原発を考える会)
・池田香代子(ドイツ文学者・児童文学者『世界がもし100人の村だったら』著者)
・ほか
〈司会〉
向井 雪子 (チェルノブイリ子ども基金)
高木 章次(プルトニウムなんていらないよ!東京/浜岡原発差止裁判原告)

※集会内容は一部変更があるかもしれません。よろしくおねがいします。

主催 浜岡原発すぐ止めて!実行委員会

問い合わせ先 TEL 03-5225-7213 FAX 03-5225-7214 共同事務所AIR内

呼びかけ/浜岡原発を考える静岡ネットワーク/ふぇみん婦人民主クラブ/日本消費者連盟/チェルノブイリ子ども基金/原子力資料情報室/プルトニウムなんていらないよ!東京/福島老朽原発を考える会/チェルノブイリと日本の未来を考える会/たんぽぽ舍/大地を守る会/日本山妙法寺/原子力行政を問い直す宗教者の会/東京電力と共に脱原発をめざす会(4/2現在)
〈ここまで〉

「人権と平和を守る名古屋の会」代表 近藤靖治
Email:yasuharu2810@nifty.com

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。